ホワイトニング

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類はどんなものがある?自分に効果がある方法はどれ?

2019年9月29日

ホワイトニングと言っても、施術方法はさまざまです。

歯科医院などのクリニックで行うもの、

自宅で簡単にホワイトニング効果の高い歯磨きやグッズを使用して行うものなど、

個人のライフスタイルによって選択することができます。

 

この記事ではどのような種類があるのか、ざっくりと紹介していきます。

どこまで歯を白くしたいのか、予算はどのくらいかけられるのか、どのくらいの期間で歯を白くしたいのかなど

歯を白くしたい本気度によって選択肢が変わってくるかと思います。

あなたはどの方法を選択しますか?

 

ホワイトニングの種類

シェードガイド

ホワイトニングの手段

  • 医療機関(歯科医院)で行うホワイトニング
  • サロンで手軽に行うセルフホワイトニング
  • 自宅でLED照射をして行うホワイトニング
  • 自宅でホワイトニング歯磨きで行うホワイトニング

ホワイトニングを行う手段として上記4つの方法が挙げられます。

 

歯科医院で行うホワイトニング

Dental

本来の歯は白いけれど、コーヒーや赤ワイン、たばこなどが原因で歯がくすんだ方は、自宅でのケアで歯の色をワントーン明るくすることは充分可能です。

しかし、なんらかの影響で歯そのものが黄ばんでいる方や、しっかり歯を白くしたいという方は、自宅でのケアでは限界があり、願い通りの白い歯を手に入れるのは難しいようです。

確実に歯を白くしたいという方は、医療機関で受けるホワイトニング一択です。

 

歯科医院などで行うホワイトニングは、3種類あります。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニング

LED

オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングです。

虫歯治療や歯石を落としたあとに、過酸化水素配合のジェルを歯の表面に塗布しライトを当ててホワイトニングします。

回数や時間、費用はクリニックによってさまざまです。

 

ここでは歯にトラブルを抱えたままホワイトニングをすることはありません。

医師のもと、きちんと治療したあとに行うため、もっとも安全性が高く、効果を実感できる方法です。

 

ホームホワイトニング

マウスピース

ホームホワイトニングとは自宅で行うホワイトニングです。

専用のマウスピースを作って、過酸化尿素の溶液をマウスピースに塗布したものを歯にはめて数時間置いて歯を白くしていきます。

施術自体は自宅で行いますが、マウスピースの作成、ジェルの処方など歯科医院で行うため、歯科医院で行うホワイトニングとしてのカテゴリに分類しました。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせた方法です。

この方法が最も安全にかつ確実に歯を白くする方法です。

オフィスホワイトニング単体、あるいはホームホワイトニング単体で行うよりも確実に歯が白くなるのでこちらの方法を推奨する歯科医院が多いです。

後戻りがしにくく、長年に亘って白い歯をキープすることができます。

 

正直な話、日本で本当に歯を白くしたいと思ったなら、歯科医院で施術するホワイトニングに勝るものはありません。(断言)

もし、それ以外のものがあれば教えて欲しいです。

実際に私もデュアルホワイトニングを行い白い歯を手に入れました。

施術してから3年半経過していますが、白い歯をキープできています。

しかし一概にいいことばかりではなく、苦しいこともありました。

歯科医院で行うホワイトニングの詳細と体験画像が見たい方はこちらをチェックしてみてください。↓↓↓

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した私の体験談

3年半前に歯科医院に通ってオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングを行い、白い歯を手に入れました。 オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングと言っても地域や歯科 ...

続きを見る

費用:概ね50,000円~100,000円程度

\1回2500円でできる漂白剤を使ったホワイトニング/

歯科医院でしかできないホワイトニングです。
スターホワイトニング

 

サロンで行うセルフホワイトニング

歯医者さんや歯科助手の方に行ってもらうのではなく、サロンに出向いて自分自身で行うホワイトニングサービスです。

専用の薬剤を歯に塗布しLED照射によって歯を白くしていく方法です。

医療機関などで行うホワイトニングはそれなりに料金もかかりますが、サロンの場合は1回あたりだいたい5,000円程度。

サロンによっては4回コースや、6回、8回、12回、24回…と自分がなりたい歯の状態に合わせて選ぶことができます。

(コース制のところもあれば、チケット制のところもあります。)

常駐しているスタッフは医療従事者(歯科医・歯科助手)ではないため、お客さまのお口の中に手を当てる医療行為ができません。

そのためお客さま自身が自分で施術することになります。

ここがリーズナブルにできる理由です。

もちろんカウンセリングやサポート体制は整っているため比較的安心して行うことができます。

施術時間も初回はカウンセリングを含めて1時間程度、2回目からは30~40分程度でできるため、時間がない方でも手軽にホワイトニングをすることができます。

 

施術方法

施術を始める前にカウンセリングをします。

いつも通りの歯磨きをします。

自分自身でマウスオープナーを装着します。

歯に薬剤溶液を塗布します。

歯にLED照射をします。

最後にもう1回歯磨きをして完了です。

 

サロンによっては1回の施術で2回LED照射を行うところもあります。

メリット

  • 歯に負担がかからない
  • 痛くない
  • 安心・安全
  • 短時間・低料金
  • どんな歯にも効き目がある

デメリット

  • 医療従事者が取り扱っている店が少ない
  • 施術はすべて自分で行わなければならない
  • もともとの歯の色までしか白くすることができない

費用:1回5,000円程度でチケット制、コース制になっているところが多い。

通い放題のデンタルラボ美容サロンを詳しくみる>>

Hako
医療機関ではないので歯を白くする過酸化物を使用できないため、劇的な白さにはなりません。

 

自宅でLED照射をする

シローズをくわえているところ

ナノ化酸化チタンを歯に塗布し、LEDの光によって光触媒反応を促し、歯の表面の汚れ(ステイン)を落とす方法です。

キットと歯磨き粉を購入し、自宅で手軽に好きなときに行えるのがメリットです。継続していくうちに歯のトーンが一段明るくなるのを実感できます。

先に紹介したサロンで行うセルフホワイトニングを自宅で簡易キッドを使って行います。

サロンで行うより、リーズナブルにできる反面、即効性はありません。気長に続けられる方で効果を急いでいない方にはオススメです。

笑ったときの印象がちょっと違うな…、なんか歯が少し白くなったんじゃない?と気づかれるような気づかれないような程度であれば1ヶ月あれば可能です。

しかし、こちらも過酸化物を使用しないので劇的な白さになることはありません。

費用:3,000円~15,000円程度

歯磨き用のジェルやペーストなどの定期購入の縛りがあるものもあり。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使う

もっともリーズナブルにできるホワイトニングは、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うことです。

ただし、歯の汚れを落として歯の色が明るくなる程度。

 

ドラックストアで買える市販のものから通販で購入するものまでさまざまな商品が販売されています。

ただし、ドラックストアで買える市販のものについては、あまり効果を期待をしないほうがいいでしょう。

個人差はあると思いますが、白くなったと聞いたことはないです。なぜなら、日本の歯磨き粉には歯を白くできる過酸化物が配合されていないからです。

医療機関で行うホワイトニングは、過酸化水素を使って歯を漂白し、劇的に白くすることができます

ところが日本では薬機法の関係で過酸化水素入りの歯磨き粉を販売することができません。取扱いができるのは医療機関のみです。

そして、現在歯を白くできるのは過酸化水素を使用したホワイトニングだけです。

これは歯そのものを漂白するのでどんな方でも歯を白くすることができます。

 

もし過酸化水素入りの歯磨きが欲しければ、海外製のものをネットから購入することしかできません。

しかし効果が高い分、知覚過敏の症状が出るなどリスクも伴います。

しかも海外製ならなんでもいいというわけではありません。

海外製でも過酸化物を配合していない歯磨き粉はザラにあります。

実際のところ、過酸化物を配合した歯磨きは限られます。

せっかく高いお金を出して購入したのに、日本の歯磨き粉と大差なかったなんてことにも。そこに商品をセレクトする見極め方も重要になってきます。

関連記事
海外のホワイトニング歯磨き粉はなぜ効果があるのか?

ホワイトニング先進国と言われるアメリカでは、歯が白いことがステイタスとなっており、「歯の汚さは貧しさの象徴」と考えられています。 アメリカでは歯科治療に保険が効かないので、虫歯にならないように心がけて ...

続きを見る

 

予算と時間と知覚過敏の辛さに耐えれるなら、迷わず医療機関でのホワイトニングがいいと強くオススメします。

 

でも、あなたが望んでいるのは劇的白さですか?

歯を劇的に白くしなくても、歯の表面についた茶渋やヤニ(ステイン)を落とすだけである程度の白さは実感することができます。ワントーン明るくなるだけで、見た目の印象は変わります。

 

歯磨き粉によってさまざまな特徴があるので、自分に合ったものをチョイスすると、効果を実感することができるでしょう。

これについては、私も家族ぐるみであれこれ試しているので、正直な感想を追々述べさせていただきます。参考になればどうぞ。

費用:1個1,000円~

市販の場合効果を期待するなら1,000円以上の商品になる。通販の場合、初回購入特典ありで安価で試せることもある。定期購入のしばりがある場合もあり。

白い歯
【ホワイトニング歯磨き粉】人気ランキング|数ある商品から選び抜いてオンリーワンを探す術

ドラックストアやスーパーで歯磨き粉コーナーに陳列された商品の数々。 ありとあらゆる種類の歯磨き粉が所狭しと並べられており、正直どれを選んでいいのか悩みますよね。   。。。o(゚^ ゚)ウー ...

続きを見る

 

まとめ

ホワイトニングを行う方法として、

  • 医療機関で行うホワイトニング
  • サロンで手軽に行うセルフホワイトニング
  • 自宅でLED照射をして行うホワイトニング
  • 自宅でホワイトニング歯磨きで行うホワイトニング

を紹介しました。

本気で歯を白くしたいなら、医療機関で受けるホワイトニングで、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行しておこなう「デュアルホワイトニング」一択です。

 

しかし、予算との兼ね合いもあるので、まずは手軽にホワイトニングをして、少しでも白くなればいいわ!という方におすすめしたい方法を紹介しています。

Hako
あなたに合った方法はみつかりましたか? 医療機関で受けるホワイトニングが敷居が高いならこちらを参考にしてみて!
歯を白くした歯磨き粉「スーパースマイル 」はなぜ最強なのか?検証と比較してみた

笑ったときに歯が黄色・・・(゜_゜) なんだか清潔感がなく、これだけでズボラな人だと誤解されることもあるんですよね。 歯が黄色いってだけで 「息が臭そう…」とか 「歯磨きしてないのかな?」とか 「笑わ ...

続きを見る

-ホワイトニングの種類

Copyright© Whitening-Lover|自宅で簡単ホワイトニング! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.