ホワイトニング豆知識

レモンで歯磨きすると歯は白くなるのか?やってはいけない我流ホワイトニング

レモン汁で歯を磨く、歯磨き後にレモンを擦りつけてケアする、レモンジュースで歯をすすぐ…などレモンを使ったホワイトニングレシピがいくつか紹介されていますが、果たして歯は白くなるのでしょうか?

歯にとっていい方法なのでしょうか?

結論から言えば、NO。

その方法、酸蝕歯(さんしょくし)になる危険があります。

 

レモン汁で歯磨きすると歯は白くなるのか?

Lemon

レモンがいいと言われる理由はいくつかあります。

抗菌作用で口内の雑菌除去

レモンには抗菌作用があり、風邪の予防や、消化不良などにも用いられ、細菌の繁殖も抑えてくれる働きがあります。

またレモンに含まれるクエン酸が、口内の唾液の分泌を促して口臭の原因となる雑菌を洗い流してくれます。唾液は口の粘膜の保護をしてくれるのでドライマウスも解消することができます。

そのような背景から歯によいと言われたのでしょう。

確かに抗菌作用はありますが、それだけでは歯にいいとは言えません。

 

ステインを落とし歯の色を明るくする

湯呑やマグカップについた茶渋(ステイン)は、重曹や、塩、レモン汁でこすると落ちるという話は聞いたことがあるかと思います。

レモンはクエン酸が多く含まれているためしつこい茶渋もすっきりきれいに落とすことができます。

歯に付着したステインも同じように落とせると考えられ、レモンが歯を白くすると言われているのでしょう。

しかし、レモンを歯につけるのはリスクを伴います。

 

酸によって歯の表面が溶ける

pH

レモンに含まれる強力な酸によって、歯の表面に付着した汚れを落とすことはできます。しかしこれを試すのはリスクが大きすぎます。

というのは、

本来、私たちの口内は中性に近い弱酸性(pH6.8~7.0)の環境に保たれています。

そして、レモンのpHはどのくらいかと言えば…

なんとpH=2.0という非常に酸性値が高いものになります。

その強力な酸の威力で、同時に歯のエナメル質をも溶かしてしまいます。

 

この酸が原因で歯が溶けてしまう症状を「酸蝕歯(さんしょくし)」と言い、問題になっています。

 

歯のエナメル質はクリーム色した象牙質を覆っています。エナメル質が溶けることで象牙質がむき出しになってしまいます。そうなれば、逆に歯が黄ばんでみえてしまい、むき出しになった象牙質は知覚過敏の症状を訴えます。

 

これは、レモンで歯を磨く…ということだけではなく、普段の食生活でも気をつけなければなりません。

レモンの他、炭酸飲料やグレープフルーツやオレンジ、ミカンなどの柑橘系の果物など酸性値の高い食べ物を常に摂っている人は酸蝕歯になる可能性が高くなります。

特にダラダラ食べるのはよくありません。

飲食後は速やかに水で口をゆすぐ、お茶を飲むなど口の中に留まる時間を短くする必要があります。

 

レモンで磨くと強力な酸の力で白くなるかもしれません。しかし歯そのものを溶かしてしまうリスクがあります。

一度削られた歯の表面は自然に治癒することは不可能です。大切な歯を守るためにも、しっかりとした知識を身につけてセルフホワイトニングを行いましょう。

 

あわせてチェック

やってはいけない危険度ランキング

自宅にあるもので簡単にできるホワイトニング。

手軽でリーズナブルにできるので試してみたい気持ちになりますが…

ちょっと待って!

それはもしかしたら危険かも?

【関連記事】歯を白くする方法|家にあるものでできる?やってはいけない危険度ランキング

レモンは何位にランキングされているのでしょう?気になる方は併せてチェックしてみて!

-ホワイトニング豆知識

Copyright© Whitening-Lover|自宅で簡単ホワイトニング! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.